三国志を読もう!8

平成の三国志小説 北方&宮城谷

私が小学生時代を過ごした昭和では、書籍(小説・漫画)による三国志文化が絶頂を窮めましたが、次の平成に入ると、新たなメディア、そう、テレビゲームによる三国志ブームが一気に花開きます。

人物や地理は史実どおりに。しかし、誰が天下を取るかはプレイヤーであるあなたの腕次第…。

そんな魅惑的なフレーズに釣られ、多くの三国志ファンがゲームショップに列を作りました。そして、彼らが実際にプレイすると、テレビの画面いっぱいに箱庭的中国大陸が広がり、おなじみの英雄知将が勢揃い。さらに設定は緻密かつシンプルで、イナゴの大量発生や疫病といったイベントもあるなど、完成度は想像以上。まるで自分が劉備や曹操にでもなったかのように縦横無尽に大陸を駆け巡りました。

他にも、わが国の戦国時代が舞台の「信長の野望」や、現代の兵器を駆使して戦う「大戦略」というゲームも発売されてしまったので(笑)、私なんか勉強そっちのけで随分とのめり込んだものです。おかげで成績はひどく落ち込み、社会だけは超得意科目になるというアンバランス状態になりました(笑)。

まあそれはさておき、当時は子どもから大人まで『三国志』ゲームに夢中になり、ある者は強い曹操で天下統一を目指し、ある者は道半ばで無念の死を遂げた劉備でプレイし、またある者は呂布や南蛮の孟獲、仙人華佗で覇を競い…。

まさに十人十色。史実や演義物語では叶わなかった、贔屓の武将に天下を取らせてやりたいという想いを、各々がプレイの中で果たすことができたのです。革命的な商品の登場であった、と言って良いでしょう。

そんな時代に、しかも吉川英治、柴田錬三郎、陳舜臣といった先人たちが偉大な足跡を遺したあとに、「三国志」の小説を書くというのは、相当困難を窮める作業なのは明らかであったはずです。

それでも、「三国志」をテーマにした小説は、平成に入ってからもたくさん書かれました。中でも代表的なのが、北方謙三と宮城谷昌光によるものです。

北方先生は、もともとハードボイルド作家として一世を風靡し、アウトローだらけで男くさい日陰の世界を、激しく美しく、しかも洗練された文章で書く、というのを得意とした作家さんです。

90年代になると、先生は今度は歴史小説を書くようになり、我が国の南北朝時代、それから中国を舞台にした歴史大作「水滸伝」に着手しますが、後者は完成まで足かけ約6年を要しました。完成度は非常に高く、この作品のおかげで先生はいまや国民作家の地位にまで登りつめた、と言っても過言ではありません。

北方「三国志」はその「水滸伝」の直前、1996年から1998年にわたって書かれています。こちらも大変な評判になりました。

内容は想像通りアツいです。それまでの作者が神の視点で俯瞰して人物を動かしていたのに対し、北方版ではそれぞれの英雄が悩み、苦しみ、そして生身の人間としての感情や欲望をむき出しにしています。

設定も従来のものと大いに違います。張飛は義理の塊、しかもクレヴァーで、苦悩する知識人のような風情があります。また、他作品では神さま扱いをされている諸葛亮も、頭はいいけど、小心のために悩み、苦しむ。まるでアダルトチルドレンのような人物像が設定されていて、とてもユニークです。

こういう展開であるなら、曹操と曹丕の親子は悩める覇王として美化されそうなものですが、北方先生はえげつないサディスト、権力とプライドの亡者として二人を描きます。ただ、演義のように設定としての類型的な悪玉ではなく、現実社会にもいそうな、病理の一端としてリアルに描いています。

孫権もリアルですね。まるで頑なに内向きな経営者のようです。彼が熱心なのは、呉の国の強固な安定のみ。そこに領土拡大の野心はありません。家臣はやきもきしますが、それこそ孫権という男のスタイル、として描かれています。

なお、北方先生はこの「三国志」を書くにあたり、演義の荒唐無稽な設定や人物の描き方は一切無視し、陳寿の正史を見つめ直して作り直しています。演義の世界観が好きな方には、あるいは重すぎるかもしれません。でも、等身大の英雄たちの心に共感できたりして、面白いことは間違いありません。

次は、現代屈指の歴史小説家、とりわけ古代中国を舞台とした作品で第一級の評価を受けている宮城谷昌光先生の「三国志」です。

宮城谷先生は、若い頃に我が国の漢字学の権威・白川静氏に弟子入りしたのをはじめ、有史以来の中国のあらゆる歴史文化を研究し、その成果をもとに優れた作品をこれまでたくさん発表してきました。

そんな先生が、2000年代に入ってから満を持して取り組んだ三国志。それはまさに、これまで誰も書いて来なかった、宮城谷先生ならではの世界観における三国志でした。

この作品はなんと、後漢時代の名臣・楊震(54-124)から始まります。楊震は有名な故事「天知る、地知る、我知る、汝知る」のエピソードを持つ人で、清廉潔白な人柄で知られています。しかし、その清さは災いに転じ、佞臣奸臣の讒言を受け、不遇のうちに自ら命を絶ちます。

宮城谷三国志は、こうした漢王朝の腐敗、これはのちに十常侍のような宦官の専横にもつながるのですが、そこにしっかり冷静な目を向け、この戦乱の時代の必然の糸みたいなものを手繰っていきます。

それにしても、劉備や曹操はなかなか登場しません。楊震の次に活躍する、曹操の祖父・曹騰も、まだ後漢中期の人物です。こうした部分をとってみても宮城谷三国志は慎重かつ念入りで、独特の書き方です。

さて、その曹騰ですが、彼は宦官でありながら忠義の人、かつ公正であり、正義感にも富んでいる。政治の荒廃を嘆き、どうにかして光明を見出そうと奮闘します。しかし、とうとう彼の存命中にその熱い願いは叶いませんでした。ただ、曹騰の代わりに希望を実らせた人物がいます。それは彼の孫、曹操でした…..。

何だか因果論みたいな流れで、正直、読むのにしんどい部分もあります。しかし、中国の思想にはこうした因果関係に物事の真理を求めるようなところがあり、例えば性善説や性悪説もそうでしょうし、司馬遷も「史記」の中で人物が栄えたり失脚したりするさまを何らかの因果関係の下に説明しようとします。

中国の多くの歴史書を現代風に、しかも原典の根底を崩さずに表現してきた宮城谷先生だからこその表現だと思います。

全10巻、読むのにこれほど骨の折れる現代の小説も珍しいと思いますが、それだけに、三国時代の「なぜ?」をある程度、理解できるようになる作品だと思います。

宮城谷先生の作品も長いですが、私の「三国志を読もう!」もずいぶん長くなりました。この辺でお開きにしたいと思います。

今後もいろいろなメディア、作品によって「三国志」はリメイクされるでしょうが、皆様どうか食わず嫌いをせず、さまざまな「三国志」を鑑賞する余裕というものを持ち続けて頂きたいと願います。

三国志を読もう!7

余禄:三国志小説の世界

さて、横山三国志に始まり、三国志演義を経て、正史三国志まで見てきた「三国志を読もう!」シリーズですが、今回は最終回。

三国時代を描いた面白い小説などを駆け足で見て参りたいと思います。

ちょっと古い小説ですが、昭和の歴史小説家で司馬遼太郎の良きライバルであった柴田錬三郎(1917-1978)による「三国志」からご紹介しましょう。

柴田はもともと純文学も書いていた人で、佐藤春夫、堀口大学、井伏鱒二、井上靖と言った錚々たる文学者に師事。直木賞を受賞したほか、芥川賞にもノミネートされたほどです。

創作の初期には偉人伝を多数書き、次第に猿飛佐助や由井正雪と言った伝記的作風に踏み込んだ後は、有名な『眠狂四郎』シリーズで一世を風靡。その後は講談調の作品で大人気となり、多くの作品が映画化、ドラマ化されました。

そんな柴田が三国志を発表したのは1969年、『英雄ここにあり』というタイトルで、伝統的な劉備=善玉、曹操=悪玉視点によって書かれました。

とにかくむちゃくちゃ面白いです。吉川三国志と全然違って、どちらかと言うと後年の北方謙三による三国志に近いかもしれません。しかし、あそこまで人間の内面や男の熱い情念にはこだわらない。

登場人物すべてがヒロイックで、戦闘描写が派手。特に孔明の人並み外れた知恵と大立ち回りに感嘆するしかありません。分厚いけどすぐに読んでしまいますよ。

前作の評判が良かったからか、はたまた柴錬先生の端からの構想だったのか、続編が書かれます。それが「生きるべきか死すべきか」。

かっこいいタイトルですね、絶対読みたくなりますよね、こんなタイトル見たら。

ストーリーは劉備没後、落日の蜀をひとりで背負う孔明の活躍と苦悩を描きます。しかし、あまり暗くなることはなく、若い血をたぎらせるスーパーヒーロー、姜維の登場によって物語は再び活力を増します。

姜維の荒っぽいけど義侠に富んだ行動には本当に興奮の連続。このまま蜀が天下を取っちゃうんじゃないかと思いますが、それゆえにラストの無常な最後には涙し、ある種のカタルシスを感じます。

原典至上主義の方には敬遠されそうですが、読み物と割り切って頂ければ、こんなに面白い小説はそうそうないと思います。

続いては、1924年に神戸で生まれ、2015年に惜しまれて90歳で亡くなった陳舜臣先生の三国志です。

陳先生は、日本で教育こそ受けていますが、祖先に後漢の陳寔、魏の陳羣、陳泰を持つ、もともとは台湾籍の方です。

大変な親日家で、かつ日中の文化交流には大変な尽力をされました。そのひとつのツールとして先生の作品は大きな効果を発揮し、特に「小説十八史略」、「中国の歴史」、「中国五千年」の3作で中国史の全貌をワクワクしながら勉強できた、と言う人は少なくないと思います。私もそうでした。

先生は三国志も書いています。書名は「秘本三国志」。何だか怪しいタイトルですが(笑)、内容はまさに陳ワールド。柴錬三国志と違うベクトルで大変な面白さを獲得しています。

三国時代、五斗米道と言う宗教のようなものが起こり、これが戦国時代の一向宗みたいに、国を持つことになります。『秘本三国志』の主人公は、この五斗米道の首領・張魯の母である少容、その弟子・陳潜が務めます。

当然、三国志の英雄たちも強烈なキャラで描かれ、特に劉備は荒くれものとしての実像に近い描かれ方をしています。また、曹操は物分かりが良く、情に厚い一面を持った好人物として描かれます。

そこに五斗米道のしたたかな戦略、仏教徒とのせめぎ合い、そして英雄たちの大戦略が絡み、複雑かつ雄大なドラマが展開していきます。陳先生はもともと推理小説で卓越した実績を持っていますから、正史をベースにしながらこれほどまでに奇想天外な伏線を回収したのはさすがと言えます。

残念なのは、これだけの名作なのに文庫版が入手困難なこと。ロングセラーだった文春文庫が絶版になった後、中公文庫に移りますが、現在やや入手困難ぎみ。

そこで、ここでは文春文庫から起こした電子書籍版を紹介しておきます。kindle端末で読めます。

次章ではこのシリーズの最後。北方謙三版、宮城谷昌光版、そのほかをご紹介します。

三国志を読もう!6

魏と蜀 主人公選びに悩んだ陳寿

晋の時代、「三国志」の執筆にとりかかった陳寿は、ある重大な問題にぶち当たります。

それは、歴史書の宿命でもあるのですが、執筆者が正統と認める王朝を柱として書かなければならないという課題です。

これは陳寿にとって難題でした。そもそも「三国志」というテーマが異端であり、例えば「漢書」、「後漢書」なら漢王朝を正統な王朝とし、様々な出来事や人物を描き込んでいくことができる(「史記」は歴代の統一王朝毎に「紀」を立て、漢王朝代々の「紀」に結んでいます)のですが、三国時代には独立した3つの王朝が並立しています。

しかも、陳寿が仕えていたのは魏王朝から王位を簒奪して成立した晋の国。いくら個人の勝手な著作だから関係ないと言っても、時代が時代だけに、例えば蜀の国を正統とした歴史書などを大っぴらに書いたりしたら、クーデターの罪で殺されてしまいます。

そこで陳寿は、晋は魏から王位を簒奪したのではなく、禅譲を受けたのだ、という建前論をとり、魏の6人の王(曹操、曹丕、曹叡、曹芳、曹髦、曹奐)について「紀」を立てました。すなわち、漢から禅譲を受けた魏、魏から禅譲を受けた晋という事実を持ち出して、晋政権の正統性を示したわけです。

一方、当代の政権は魏ではありません。そこで、「魏」「蜀」「呉」の3国の歴史については対等に「志」として扱い、魏を持ち上げすぎない態度を鮮明にしました。

この絶妙な書き方により、「三国志」は晋王朝から咎められることなく賛辞を受け、かつコバンザメ的な提灯史書とは真逆な客観性を有していたため(ここは世渡りベタな陳寿の性格が幸いしています)、後世からも信頼性の高い作品として不滅の評価を獲得することになるのです。

このように「三国志」は歴史書としては完璧な体裁を整えることができました。

ところが後世になって、この魏を正統とする陳寿の姿勢は文人や庶民から凄まじい集中砲火を浴びます。なぜならその後、学者たちによって「蜀漢正統論」なるものが唱えられ、劉備の蜀こそ正式な王朝であり、逆賊の曹家を持ち上げた陳寿の書き方は誤り!とされたからです。

※「蜀漢正統論」については、Wikipediaに詳しいです→ ウィキ「蜀漢」

それによって、20世紀の中ごろまで「蜀漢正統論」が主流となり、「三国志演義」が正史のような扱いを受けるというトンデモな事態が起こります。実際、前章までに列挙したように、劉備を主人公とする「三国志」の小説、漫画、映画、ゲームなどが氾濫し、挙句「三国志(演義)に学ぶマネジメント」のような自己啓発本まで現れたのですから、陳寿は1000年の不遇を受けたと言っても過言ではありません。

しかし、冷戦終結あたりから中国史の近代的な研究や論争が盛んに行われるようになると、インターネットの普及で若い世代にも三国時代の実情が広まり、陳寿の正史が漸く見直される流れになりました。

わが国では、1994年にちくま学芸文庫より「正史三国志 全8巻セット」が発売されたことが、ひとつの転換期になった、と個人的には思っています。

そのちくま版ですが、陳寿の再評価に一役買っただけではなく、世の歴史好きに「正史」とはどういうものか、ほぼ最初に知らしめたテクストとしても大きな価値を持っています

古い話になりますが、それまで一般人が比較的安く「正史」を読もうとしても、徳間書店のハードカバー版「中国の思想」シリーズで断片的にしか窺い知るしかできませんでした。ゆえに、原典のほぼ全訳であるちくま版は、三国志ファン待望のシリーズであったと言えるでしょう。※ただし徳間版は抄訳ながら、原文やすばらしい解説文を掲載しているので、古書店で見つけたら即買いをお勧めします。

さて、ちくまの正史に初めて触れることになった読者らは非常に驚くことになります。何となく噂で聞いていたとはいえ、正史が我々日本人の中に息づいている演義史観を真っ向から否定するものであったからです。

劉備は仁慈の人などではなく、実像は底辺からのし上がったかなりの荒くれ者。演義で無礼な県の役人を鞭打ったのは張飛でしたが、正史では劉備自ら役人を半殺しにして逃走しています。

一方、張飛や関羽は演義同様、その勇猛で爽快なエピソードが多数連ねられますが、傲慢と粗暴で命を落とす羽目になった、という論評で締め括られるほど、性格難を強調されています。

では、演義のダークヒーローであった曹操は、と言いますと、政治力、武力、文人としての能力全てにおいて高く評価されています。とは言え、賛美一色ではなく、冷酷な部分や自己中心的な振る舞いを行ったエピソードも容赦なく描かれ、かつ情に厚い性格、身分隔てなく才能ある者を登用する懐の深さなども記されています。

いちばんびっくりしたのは、諸葛亮の記述です。三国志演義における知の要であり、後半の主人公であるこの大ヒーローも、正史では非常に地味な描かれ方をしています。

そもそも、演義のあの魔術使いみたいな軍師ぶりが現実な話なわけがなく、戦略家としてリアルなところはどうだったのか興味深いところでした。ところが陳寿は、諸葛亮は政治家としては非常に優秀であるものの、戦は下手であったという、予想の斜め上を行く書き方をしているのです。

例えば、諸葛亮最大の見せ場である「赤壁の戦い」の勝利は、呉の軍師・周瑜の献策によるもの。諸葛亮は呉への平凡な使者に立った(周瑜や魯粛をけむに巻く「演義」の描写はありません)くらいで、ほとんど何もしていません。劉備没後の北伐も、あまり成果をもたらさなかった、と言う評価。応変の将略(臨機応変な軍略)が得意ではなかった、とまで断じています。

一方、演義ではほとんど触れられなかった彼の政治手腕は卓抜で、不便な僻地にある国家「蜀」の充実に粉骨砕身する姿が描かれます。

特筆すべき点は3つ。まず、放縦な民衆の気質を憂慮して法を厳格に運用し、信賞必罰を明らかにしたこと。次に、異民族(演義では何番と呼ばれた人たちです)を手懐け、後方の憂いを断ったこと。そして、勝つのは儘らなかったとはいえ、魏と呉から国を良く守ったこと。彼の努力がなければ、蜀はもっと早々に滅びていたかもしれません。

そして、彼にはもう一つ大きな功績があります。それは、すぐれた後継者を見出したことです。皆さん覚えておいででしょうか?「演義」のクライマックス、「五丈原の戦い」で、いまわの際の諸葛亮が自分の後任に、蒋琬と費禕という2人の臣を選んだことを。

「蜀志」の2人の伝を読むと、両者が政治家としても軍師としても非常に有能なのが見てとれます。愚かだと言われる皇帝・劉禅の蜀が諸葛亮の死後30年も持ったのは、ひとえにこの2人の中興の統治によるものだと評価したいです。

ちなみに、「蜀志」には蒋琬・費禕と同時代に活躍した楊戯の手による「季漢輔臣賛」という書物が併録されています。「季漢」とは「末っ子の漢」の意。辺境の蜀であっても、漢の正統な後継国家なのだ、と自負する蜀臣・楊戯のプライドが感じられます。なお、ここには執筆当初に存命していた劉禅や家臣たちを除く54名の功績について書かれています。

それにしても、魏を中心に据える「三国志」において、魏のライバルかつ西方辺境の小国であった「蜀」について、このような異例の一編を差し込んだ陳寿のこだわりに、彼の故国を愛する想いというものを感じずにはおれません。

このように、陳寿の筆は表面的に簡潔なものでありながら、その内面にはきわめて複雑な要素が絡み合っています。それを読み解くこともまた、今後の三国志研究の思いもよらぬ進展を促し、さらには三国志マニアの知的好奇心を掻き立てるのかもしれません。

紫式部の「源氏物語」、マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」と同じく、この「正史三国志」も読めば読むほど深みにハマり込む長編です。しかし、それこそ読書の醍醐味であり、ある種の実りと達成感を感じさせる最強の長編として、皆様には一度はチャレンジいただきたいと思います。