岩波文庫を楽しもう!

本好きには安心のブランド、岩波

岩波書店は、1913年に創業した、日本の老舗出版社です。

夏目漱石の「こころ」を刊行するなど、大正・昭和の出版文化をリードする形で君臨してきた同社ですが、中でも膨大な量にのぼる岩波文庫は、学生たちの知の拠り所として長年、重宝に扱われてきました。

さらに、岩波の名を一躍有名にしたのがもうひとつ。

そう、「広辞苑」です。昭和30年の初版以来、20万語を遙かに超える膨大な語句を掲載し、幅広い層に愛用、支持されてきました。

 

他にも、日本の多くの優秀な理系の皆さんが愛用したかもしれない「岩波数学辞典」。

 

「折々のうた」、「日本人の英語」、「数学入門」など数々の名著を世に送り出した岩波新書。

 

子供たちに大人気、「モモ」、「ゲド戦記」、「ナルニア国ものがたり」を擁する岩波少年文庫。

 

私たち読書大好き人間にとって、岩波書店はまさに人生の瞬間瞬間で多くの恩恵を与えてくれました。文学だけでなく、歴史、法律、哲学、自然科学、宗教、ときわめて広範囲の書物をカバーし、まさに「知識と知恵の海」に読書人たちを誘ってくれたのです。

この稿ではそんな岩波文庫のうち、面白いというより難解、読みごたえがあると私が感じた作品を3つ紹介します。夏休みですので、学生さんとかこのブログをお読みでしたら、ぜひチャレンジしてみてください。

 

①春秋左氏伝

司馬遷が「史記」を著すより遥か遥か昔。あの孔子が、魯の史官の遺した記録に加筆し、さらに己の思想を投影して「春秋」という歴史書を書き上げました(伝説。異論多々あり)。「春秋左氏伝」はその「春秋」の注釈書です。

中国では古くから歴史書や経書の注釈書が作られ、それらは時に原典以上の評価を得ることもありました。陳寿の「三国志」に付けた裴松之の注なんてとても有名ですよね。

「春秋左氏伝」は、孔子と同時代の左丘明という人が書いたと伝わっており、魯の隠公元年(紀元前722年)~哀公27年(紀元前468年)までの約250年間の、魯を中心とした古代中国の動向が記されています。茫洋とした春秋時代の風景を今日に伝える第一級の史料であり、また「左氏伝」を読むことが長い間、知識人のステータスとなっていたほどです。

 

②トーマス・マン  関 泰祐、関 楠生 :訳 「ファウスト博士」

これは、岩波が難しいというより、トーマス・マンの作品がそもそも難しいと言った方が良いでしょう。

トーマス・マンの作品は常に脱線が多く、その脱線の内容も思索的、かつ高度なツイートです。この「ファウスト博士」における脱線も、非常にマニアックな音楽の知識に基づいており、クラシック音楽にアレルギーがある方にはちょっときつい作品かもしれません。

主たる内容も、架空の作曲家アドリアン・レーヴェルキューンが、娼婦からの病毒感染という「悪魔との契約」と引き換えに、非凡な霊感で作曲活動をおこなう、というもの。ラストでは、主人公の精神が崩壊します。愛する女性の大いなる愛によって救済されるゲーテの「ファウスト」とは、展開的には相似していても、まるで異なる結末を迎える作品です。

二つの大戦によって危機を経験したドイツの危うい雰囲気、そして彼らの精神の真実を垣間見れる傑作と言えます。

 

③唐詩概説 小川環樹

著者は有名な中国文学者。

地質学者・小川琢治を父に持ち、長兄は小川芳樹(金属工学・冶金学)、次兄は貝塚茂樹(東洋史学者。この方の世界史テキストで学ばれた中高年の方は多いはず)。そして三兄は日本人初のノーベル賞受賞者、湯川秀樹、というすさまじい学者一家の四男です。

小川さん自身も、岩波書店から「史記列伝」やら「三国志」のすぐれた翻訳を出しており、中国文学に詳しい方なら誰でもご存知のお名前かと思います。

この「唐詩概説」は、古代中国の王朝・唐で百花繚乱、様々な詩人たちによって創られた「詩」について、かなりアカデミックに論述されたものです。

七言絶句とか五言古詩とか、漢詩には様々な形態があり、そこに韻とか助字とかかなり込み入った技巧が入ってきます。それらを小川先生がかなり踏み込んで解説しているので、漢詩の初心者でなくても結構難しいです。

それだけに読みごたえは十分ではないか、と思います。

 

以上、3作品を紹介いたしましたが、これらはまだ序の口で、経済や哲学の帯の本にはまだまだ奥の院のような難解な作品がたくさんあります。今後、順を追って紹介して参りたいと思います。

 

アーチャー 「ケインとアベル」

ケインとアベル

この本の作者 ジェフリー・アーチャー

永井 淳(訳)

この本の成立年 1979年 発表
この本の巻数 2巻
入手のしやすさ ★★★☆☆
未成年推奨 ★★★☆☆
総合感銘度 ★★★★☆

旧約聖書に擬えた兄弟の運命の物語

旧約聖書『創世記』第4章に、とある兄弟のエピソードが語られています。

兄の名はカイン、弟の名はアベル。

聖書の上での話ですが、カインは人類最初の殺人者、嘘を吐いた者とされます。

で、どんなエピソードかと申しますと、

兄カインは農耕を行い、アベルは羊を放牧して暮らしていた。
ある日、2人はそれぞれの収穫物をヤハウェに捧げようとした。カインは農作物を、アベルは肥えた羊の初子を捧げたが、ヤハウェはアベルの供物にのみ目を留め、カインの供物は無視する。これに怒ったカインは、野原にアベルを誘い出して殺す(人類最初の殺人)。その後、ヤハウェはカインにアベルはどこへ行ったか尋ねるが、カインは知らないと答える(人類最初の嘘)。ヤハウェはカインの悪行を見抜いてこれを罰し、エデンの東にあるノドに彼を追放する。

大変有名なお話です。

エデンの東という象徴的な地名は、そのままジェームス・ディーン主演の映画のタイトルになりましたし、その映画の原作は、アメリカの文豪・ジョン・スタインベックの長編作品です。

さらに、カインとアベルの兄弟相克の関係をそのまま現代社会に置き換え、一編のスリリングな小説に仕立てた人に、イギリスの作家・ジェフリー・アーチャーがいます。

アーチャーは、政治家としてイギリスでは大変有名ですし、また作家として1980年代にヒット作を連発しました。21世紀になって、また創作意欲が盛んになり、新刊本の棚を賑わせたりしています。

私もアーチャーの大ファンで、彼の本はたいてい読んできました。

どの作品も、とにかく展開がスリリングで、かつ心理描写が巧みです。プロットも斬新なパターンが多く、今回取り上げる「ケインとアベル」は、2人のまるで違う人生模様がリアルタイムに別々に進行し、それがラストに向かって融合していくという、実力派ならではの書法です。

20世紀初頭、ポーランドとアメリカに2人の男子が誕生します。
ポーランドに生まれた方のヴワデグは、本当に悲惨な生い立ち。捨て子だったところを貧しい罠猟師に拾われ、育てられます。それでも彼は学業優秀で、やがて友人のレオン(貴族・ロスノフスキ男爵の子、実は腹違いの兄弟)の学友として彼の城で教育を受けます。
一方、アメリカに生まれた方のウィリアムは、大銀行家の御曹司、すなわち生まれながらのエリートでありました。

やがて、第一次世界大戦とポーランド・ソ連戦争が勃発し、ブワデグは最愛のロスノフスキ男爵、レオン、その姉フロレンティナを失ってしまいます。彼自身もソ連の強制収容所送りになりますが、何とか脱走。アメリカに逃れ、その後、ホテルチェーン経営者の信頼を得て、彼の下で頭角を現していきます。
その頃、ウィリアム・ケインの方も、タイタニック号事故で父親を失うなど不幸に見舞われますが、持ち前の能力により、アメリカでも有数の銀行の頭取にのし上がります。
ホテル界の雄と金融界の大エリート。
このふたりの出会いと壮絶な戦い、そしてお互いの子供たちを巻き込んだ渦のような人間絵巻が、アーチャーの見事な筆致によって描かれていきます。

80年代当時、この作品はものすごいヒットとなって、テレビドラマ化までされました。それがまた面白くて、テレビにかじりついたのを思い出します。

その頃のワクワクを思い出して、久しぶりに読み返そうと思ったところです。

その前にブログにしたためてみました。