台東区立一葉記念館(東京台東区)訪問記(3)

才媛・一葉の生きた証を知る

★台東区立一葉記念館(東京台東区)訪問記(1) はこちら

☆台東区立一葉記念館(東京台東区)訪問記(2) はこちら

まずは、一葉記念館の中に入ってみましょう。

趣のある建物の外装を楽しみながら中に入りますと、すぐ正面に受付があります。

さっと入場券を貰って、写真撮影についてスタッフの方に質問しますと、紹介パネルなどが中心となった1階はOK。それ以上の階はNGということでした。

パネルでは、一葉の生涯についての大まかな年表の他、樋口家の歴史についても紹介されています。

さらに、長谷川清・画伯による、一葉女史宅の雪の朝という絵も飾られていて、龍泉寺で商いをしながら、雪の冷たさにも負けない一葉の強さが伝わってくるような印象を受けました。

さて、2階にあがると、何やらイベントが・・・。

【一葉と錦絵~歌川派の絵師 楊州周延が描いた「別れ霜」挿絵と錦絵の世界~】

ここに名を連ねる楊州周延(ようしゅう ちかのぶ)は、天保9(1838)に生まれ、大正元(1912)年に歿した、江戸末期から明治にかけて活躍した浮世絵師です。

天保年間と言いますと、歴史の教科書に出て来るほど有名な「天保の改革」が行われ、また、大塩平八郎の乱が起きたりもしています。江戸時代の長い繁栄が経済を中心に綻びを見せ始め、不穏な空気が漂い始めた頃と言って良いでしょう。

周延はこのような動乱の時代に生れ落ち、幕末の喧騒からご一新、文明開化、急激に変わりゆく街の様子などをしっかり目に焼き付けながら、日本が大国ロシアに勝利した明治末期まで浮世絵を書き続けたという人で、その衰えぬエネルギーには思わず敬服してしまいます。

周延の作品には有名なものがたくさんありますが、江戸時代の浮世絵よりも、明治時代に量産した錦絵の方が現代では多く知られているかもしれません。下の「征韓論之図」など、きっとご存知の方は少なくないと思います。

さて、その周延と一葉に何の関係があるのか?という疑問ですが、一葉は明治25年4月5日から18日にかけて、改新新聞に「別れ霜」という作品を〝浅香ぬま子〟のペンネームで連載しており、その時の挿絵を担当したのが周延でした。

「別れ霜」は、ある若い男女が親の身勝手で仲を引き裂かれ、男の方が零落するも後日、女と運命的な再会をし、結果的にはふたりとも非業の死を遂げるという、日本版ロミオとジュリエットと言いますか、文楽的な香りも濃厚にする佳作です。

会場には、別れ霜のストーリーを複数のシーンに分け、丁寧な解説パネルとともに、周延の迫力ある絵と一葉の美文を刻み付けた当時の改新新聞がところ狭しと展示されていました。

それにしても、いくら小説とはいえ、何ともひどい親と周囲の人たちですね。今どきこんなことをやったら、子供たちから告訴されるかもしれません(笑)。でも、昔の日本って、本当にこういう感じだったのかもしれませんね。ある意味、人間らしいと言いますか……。

とにかく面白い催しでした。感情移入するほど一葉の世界に入り込めて、有意義でした😅。

そんなこんなで特別展の会場を出ますと、向かい側には常設展が…。それにしても、実にコンテンツが充実した記念館ですね。来た甲斐があります。

そちらには、若き一葉が才能を炸裂させた歌塾「萩の舎」時代の史料。商売をやっていた頃の着物。そして傑作「たけくらべ」の自筆原稿が展示されていました。

私は以前から、一葉は紫式部よろしく、真っ白な巻物に作品を書きつけていたと思い込んでいたのですが、普通に現代と変わらぬ原稿用紙を使用していたんですね。ただし、かなりの達筆。さすが才女です。

ちなみに、この「たけくらべ」の原稿は、台東区文化ガイドブックホームページでも見ることができます。

さて、最後は3階ですが、こちらは「一葉のその後」を辿るテーマ付けがされています。

一葉は24歳で肺結核により、その短い生涯を終えました。

その後、大橋乙羽という人の手で「一葉全集」が出版されますが、一葉の友人で作家の斎藤緑雨がさらに厳密な校訂版を刊行し、今日我々が一葉を正しい形で読める土台を整えてくれました。ちなみに緑雨は生前、大変気難しい人物と言われていましたが、恋愛抜きで、一葉の良き友、良き相談相手であったそうです。さらに余談ですが、緑雨は「ギヨエテとは おれのことかと ゲーテ云ひ」という不滅の川柳を遺したことでも有名です。

記念館には当然、この一葉全集が展示されています。そして、最後は5千円札で展示が終わります。

何だか時間が経つのを忘れてしまうくらい楽しく、充実したひとときでした。

さて、一葉記念館は、2017年6月現在で、営業時間が9時~16時。最終入館は16時になっています。
定休日は月曜日ですが、祝日の場合は翌日。 年末年始と特別整理期間等もお休みになりますので、サイトやお電話で確認された方が良いと思います。
なお、入館料は大人が 300円、小学生・中学生・高校生が100円となり、さらに20名以上の団体となれば割引がかかります(障害者手帳提示者およびその介護者は無料)。非常に良心的な価格で嬉しいです。

お土産も充実しており、楽しいこと請け合いの一葉記念館。遠方の方のみならず、東京近郊の方でまだ行かれたことがない方はぜひ、来館されることをお勧めします。

 

◁(前ページ)台東区立一葉記念館(東京台東区)訪問記(2)

台東区立一葉記念館(東京台東区)訪問記(2)

台東区立一葉記念館(東京台東区)訪問記(1)のつづきです。まずは交通アクセスから確認しましょう!

樋口一葉の息遣いを感じるまちかどの記念館

 

吉川英治記念館が英治の疎開と再出発の地・青梅二俣尾にあり、太宰治文学サロンが太宰の終焉の地となった三鷹にあるとするならば、樋口一葉の生涯を照らした一葉記念館は、彼女の代表作「たけくらべ」の舞台となった龍泉寺町にあります。

この龍泉寺町は、一葉の人生とも大変ゆかりの深い場所です。

一葉は、元々裕福な家の出ですが、父の事業の失敗と急逝により家運が傾き、結果、若い彼女が一家の生活を背負わなければならなくなります。それでも、彼女は腹を括ってこの地で荒物・雑貨と駄菓子を売る店を始めたといいますから、たいしたものです。

戦後、龍泉寺町の人々が中心となって一葉を顕彰しようという機運が高まり、昭和36年、ついに台東区が動いて一葉記念館の完成に漕ぎつけました。館は、地下1階、地上3階という大変立派なものです。

 

ただし、この一葉記念館は大変アクセスが難しい場所にあります。

ちょうど周辺には浅草があったり東京国立博物館があったりするのですが、徒歩圏内というには遠すぎます。

また、都内の方ならば、それほど分かりにくいことはないと思いますが、他県から訪問される方は下調べ必至です。

というわけで、いつものように管理人の老婆心により、一葉記念館へのアクセス方法を掲載させて頂きます。

まず、東京から遠距離の方は、下記のサイトにてお安い航空券を検索してみてください。

お手頃な航空券が見つかりましたら、羽田空港へGO!です。

 

 

東京羽田空港に着きましたら、まずは空港内で腹ごしらえ。

このページでショップを調べ、東京の美味しいグルメをご堪能ください。

そこで、ゆっくりテーブルにかけて、羽田空港から一葉記念館のある東京メトロ・三ノ輪駅までの道のりを、定番ヤフー路線で調べるとよい、と思います。

きっと「げっ※★◇▼(;゚Д゚)」となることでしょう(笑)。私もそうでした。

複雑な乗り換え、徒歩ルートまでガチャガチャと表示されて、すっかり行く気が失せてしまいます。

なぜこうなるのかは分かりませんが、個人的には次のルートで大丈夫なので、こちらをお勧めします。

まず、羽田空港から東京モノレールで終点・浜松町駅まで行ってください。

浜松町駅からは山手線に乗り換え、内回り/東京・上野方面に乗車して、有名な秋葉原駅で下車します。

(東京近郊の方や新幹線で東京駅に来られた方も、ここからは同じ行程になります。)

秋葉原駅はご存知の通りオタクの聖地として知られ、メイド喫茶やら電気街やらいろいろな観光スポット(?)がありますが、駅前にどでかいヨドバシカメラがあり、ここでちょっと時間をつぶすのも悪くないかもしれません。

次に地下鉄・東京メトロに乗り換えます。

東京メトロの秋葉原駅は、かなり分かりにくいのですが、JR駅からヨドバシカメラを右手に見ながら飲食店街のような通路を抜けた先にあります。

偶然見つけたのですが、youtubeに〝ぽんでやす〟さんという方が、とても分かりやすい秋葉原駅への道案内動画をアップされていて、こちらを参考にされるのがベストだと思います。

JR秋葉原駅電気街口から東京メトロ日比谷線秋葉原駅への行き方

秋葉原駅からは、東京メトロ日比谷線・南(or北)千住行に乗り、三ノ輪という駅で降りてください。

上の1bという出口を登て地上に出ます。あとは道なり(国際通り方面)に真っ直ぐ歩いてください。

※一葉記念館ホームページにPDFの記事がありますので、参考までに載せておきますね。

しばらく歩くと、道の左側に竜泉町界隈の案内板を見つけることができます。これで現在地が確認できます。

右手に一葉記念館の案内看板が出てきました。ゴールは近いです!

さらにまっすぐ進むと、左に曲がるよう指示する看板に突き当たります。いよいよ近くです。

三ノ輪駅から15分から20分で目的地に到着しました。

 

◁(前ページ)台東区立一葉記念館(東京台東区)訪問記(1)

▷(次ページ)台東区立一葉記念館(東京台東区)訪問記(3)