ジャン・コクトー「恐るべき子供たち」

恐るべき子供たち

この本の作者 ジャン・コクトー

中条省平、中条 志穂:訳

この本の成立年 1929年 発表
この本の巻数 1巻
入手のしやすさ ★★★★★
未成年推奨 ★★★★☆
総合感銘度 ★★★★★

映画ファンなら見て頂きたい傑作「オルフェ」

ジャン・コクトー(1889年 – 1963年)は、20世紀のフランスが生んだ大芸術家です。彼は、あらゆる文化のジャンルで偉業を残し、詩人、小説家、劇作家としては超一級、絵画や映画においても、斬新なアイディアで後世に大きな影響を与えました。

 

こういう感じのイラストって、現代の日本でも良く見ますよね。上はコクトーの絵なのですが、彼独特の感性が色濃く反映され、当時としてはかなり斬新な印象を与える絵であったと思います。

 

上の写真はコクトー自身ですが、ちょっとグロテスクな感じがしますね。

でもコクトーは、このような退廃的で超常的な世界観を好んで写真や映画に採り込みました。

その最高の結実は、私の主観ですが、彼の傑作映画「オルフェ」だと思います。

この作品は、言うまでもなくギリシャ神話の「オルフェウスとエウリュディケ」を題材にしています。しかし、神話と違って、主人公が愛していたのは冥界の王女のほう。この話でも妻は事故で死にますが、追いかけてきたはずの主人公オルフェは、やはり美貌の王女のことばかり考えます。
これではいけないと思った王女がとった行動とは…..。

主人公オルフェを演じるのは、ギリシャ彫刻のような風貌でコクトーから偏愛された名優ジャン・マレー。そして王女役は、絶世の美女マリア・カザレス。

最近は絶世の美女という言葉が安売りされていますが(^^;、上のジャケットのようにカザレスはほんとうにカッコ良くて芯が通って、気高くて、それはもう本当に段違いの美人です。何だか恋をしてしまいそうなくらい笑。

それにしても、この映画の挑戦的な様々な実験。光と影のコントラスト。フランス語の絶妙の美しさを活かしたセリフ回し。どれをとっても稀代の芸術家・コクトーにしかできない芸当で、改めてフランスの芸術水準の高さ、底力のようなものを見せつけられる気がしますね。

古い映画ですから、動画サイトなどに全編アップロードされており、皆さまにもぜひ一度は見て頂きたいと思います。

 

コクトーの代表作「恐るべき子供たち」

そんな才人・コクトーの小説の代表作と言いますと、「恐るべき子供たち」です。

これは非常に意味深な小説で、孤児になった姉弟の近親相姦的愛情、主人公ポールとサイコパスのような学友ダルジュロスとの間の支配的構図、運命により強固に築かれてしまった子供たちの密室。そのすべてが糸が絡み合うように関わり合い、やがて主人公たちを壮烈な悲劇的終末へと導いていきます。

話は、謎の美少年ダルジュロスの危険な雪玉の一投で始まり、彼がポールに送り付けた毒薬によって終わります。

途中、ダルジュロスは姿を消し、代わりにポールを翻弄するダルジュロス似の美少女、アガートが登場。

ポール、エリーザベト、アガート、ジェラール。4人の子供たちの不可侵の王国で繰り広げられる同居生活。幸福であり、いびつであり、悲劇であり。そして、それらすべてを掌で転がしていたのは永遠の少女エリーザベトであったはずが、実は裁きの神はダルジュロスであり、彼によってすべてのピリオドが打たれる、という結末。

少年少女という、大変感性が鋭くて、純粋で、我儘な者たちの危うさ。それを詩人コクトーが妖しく耽美的、かつ氷のようなクールさを交えた美文で表現しています。いやはや、大変な傑作です。

さて、この本を読むには、2種類の翻訳が入手しやすいです。

岩波版は、鈴木力衛先生の翻訳です。鈴木先生は、モリエールとかデュマ作品の翻訳で大変有名な方で、私も氏の「守銭奴」やら「ダルタニヤン物語」の訳本に随分お世話になりました。

ここでの翻訳も読みやすく、かつ格調が高いのですが、やはり若干の古めかしさは否めません。でも、これぞフランス文学という空気感が好きな方には、鈴木訳こそベストの翻訳ではないでしょうか。

 

続いては新しい翻訳です。私が推薦するのもこの翻訳です。

両中条さんによる新鮮な翻訳は、コクトーの詩的な文体の美しさを一層際立たせています。セリフも現代の我々が日常で用いる話し方そのものであり、かつポールとジュラ―ルの純粋な少年らしさもにじみ出ていて、とても良い訳です。

この作品を手始めに、より多くのコクトー作品、小説や詩だけではなく、映画などにもチャレンジ頂ければ幸いです。

あ、それから、コクトーの生声を収録した大変貴重で面白いディスクがあります。

クラシック音楽ですが、ストラヴィンスキーの「兵士の物語」という音楽劇のCDです。この収録で、コクトーは語り部として美しいフランス語を巧みに操り、雄弁な語りを披露しています。音楽も20世紀指折りの傑作ですので、ぜひお聴きになられてください。

 

 

 

 

怪盗ルパンシリーズ 「三十棺桶島」

三十棺桶島

この本の作者 モーリス・ルブラン

南 洋一郎(訳)

この本の成立年 1919年 発表
この本の巻数 1巻
入手のしやすさ ★★★★☆
未成年推奨 ★★★★☆
総合感銘度 ★★★★☆

血沸き肉躍る 南版 ルパンの大冒険

怪盗紳士、アルセーヌ・ルパンと言えば、日本でも大変人気が高いダーク・ヒーローです。

石川五右衛門やら鼠小僧治郎吉やら梁山泊の108の好漢やら、日本人はとかく義賊を好む傾向がありますが、このフランスの大泥棒は特に好かれているような気がします。

日本人が愛しているルパンは、ひょっとしたらモンキーパンチさん原作のアニメ「ルパン三世」の主人公かもしれませんし、または児童書に登場する正義感に満ちた怪盗紳士アルセーヌ・ルパンかもしれません。

ところが、原作のルパンは結構コワモテ・キャラで、時と場合によっては相手を痛めつけることも厭わない、アウトローそのものといった印象です。あと美女が大好き。恋愛についてもかなりやり手な人物です(笑)。

ですから、もし原作を子供さんに読ませるとしたら、ちょっとキツイかもしれませんね。また文章が大人向けのため、子供さんらがやや難しく感じることもあり得ます。

しかし、この面白さを若いうちに知らずにいるのはあまりに勿体ないでしょう。

となれば、昔の学校の図書室には必ずあった(今も?)「怪盗ルパン全集」に手を伸ばすしかありません。実は私も、このシリーズからルパンの世界に入りました(泥棒になったという意味ではないですよ笑)。当時、図書室から借りて、家で夜遅くまで読んでいたことを思い出します。それくらい面白かったんです。

嬉しいことに、21世紀に入ってポプラ社さんが当時の装丁のまんま、このルパン・シリーズを全冊復刻してくれました。

ポプラ社さんは、ほかに江戸川乱歩の「少年探偵団シリーズ」も復刻してくれまして、かつて図書室に入り浸っていた者としては感謝の言葉しかありません。

このルパン・シリーズと乱歩シリーズは、ともに子供向けを謳っているのですが、表紙の絵とかめちゃくちゃ怖いです。

また、作中で使われている言葉や設定なども、現代なら大人向けであっても問題作扱いされるような(差別表現バリバリ)シロモノです。昭和って、結構こういうものに寛容で、また過激さを求めるような時代だったんだなあ、と思います。

で、ルパンの方なんですが、原作の忠実な訳ではなく、翻訳者の南洋一郎さんの脚色がかなり入っています。大人な展開は大幅に変更され(恋愛シーンなど)、ルパンはより英雄チックに描かれています。それでいて、ところどころ少年少女にはどぎついような表現も厭いませんから、そこが破天荒な魅力につながっているような気がします。

どれも無類の面白さで、出来れば全作品紹介したいのですが、今回はその中から「三十棺桶島」をとりあげます。

この作品、あまりルパンは登場しません(笑)。

そして、「八つ墓村」を想起させるような、全編を通してとてつもない不気味さに満ちています。

あらすじは、不幸な結婚から立ち直りつつあったヒロイン、ベロニク・デルジュモンが、偶然目にした「サイン」をきっかけに、死んだと思われた実父と我が子を追い求め、「三十棺桶島」に渡る、というもの。そこで彼女を待ち受けていたものとは…!?という感じでストーリーは進んでいきます。

それにしても、閉鎖的で陰湿な村、不気味な予言、怪しい僧侶、地下牢、大量殺人、といったホラー調ミステリのあらゆる材料がこれでもかと出てきます。

ですから、先へ進めば進むほど、恐怖感は高まります。ただ好奇心をくすぐられるので、先を読まずにはいられない。こういうところ、ルブランも南さんもすごく巧いです。

なお、最後の一番美味しいところでルパンがびっくりするような登場の仕方をします。そして明かされる謎の石の正体。

種明かしはしませんが、ルブランがいかに時代のニュースに敏感であったか、感心させられるラストです。

この作品の面白さに久しぶりに痺れた私は、シリーズ全巻を集めてしまいました。家族は呆れています。

でも、それくらい面白いこと請け合いなんです。ぜひご一読を。

なお、大人向け、すなわち原作もご紹介しておきます。南版を読んだ後、比較でこちらも読むのも一興でしょう。