アーチャー 「ケインとアベル」

ケインとアベル

この本の作者 ジェフリー・アーチャー

永井 淳(訳)

この本の成立年 1979年 発表
この本の巻数 2巻
入手のしやすさ ★★★☆☆
未成年推奨 ★★★☆☆
総合感銘度 ★★★★☆

旧約聖書に擬えた兄弟の運命の物語

旧約聖書『創世記』第4章に、とある兄弟のエピソードが語られています。

兄の名はカイン、弟の名はアベル。

聖書の上での話ですが、カインは人類最初の殺人者、嘘を吐いた者とされます。

で、どんなエピソードかと申しますと、

兄カインは農耕を行い、アベルは羊を放牧して暮らしていた。
ある日、2人はそれぞれの収穫物をヤハウェに捧げようとした。カインは農作物を、アベルは肥えた羊の初子を捧げたが、ヤハウェはアベルの供物にのみ目を留め、カインの供物は無視する。これに怒ったカインは、野原にアベルを誘い出して殺す(人類最初の殺人)。その後、ヤハウェはカインにアベルはどこへ行ったか尋ねるが、カインは知らないと答える(人類最初の嘘)。ヤハウェはカインの悪行を見抜いてこれを罰し、エデンの東にあるノドに彼を追放する。

大変有名なお話です。

エデンの東という象徴的な地名は、そのままジェームス・ディーン主演の映画のタイトルになりましたし、その映画の原作は、アメリカの文豪・ジョン・スタインベックの長編作品です。

さらに、カインとアベルの兄弟相克の関係をそのまま現代社会に置き換え、一編のスリリングな小説に仕立てた人に、イギリスの作家・ジェフリー・アーチャーがいます。

アーチャーは、政治家としてイギリスでは大変有名ですし、また作家として1980年代にヒット作を連発しました。21世紀になって、また創作意欲が盛んになり、新刊本の棚を賑わせたりしています。

私もアーチャーの大ファンで、彼の本はたいてい読んできました。

どの作品も、とにかく展開がスリリングで、かつ心理描写が巧みです。プロットも斬新なパターンが多く、今回取り上げる「ケインとアベル」は、2人のまるで違う人生模様がリアルタイムに別々に進行し、それがラストに向かって融合していくという、実力派ならではの書法です。

20世紀初頭、ポーランドとアメリカに2人の男子が誕生します。
ポーランドに生まれた方のヴワデグは、本当に悲惨な生い立ち。捨て子だったところを貧しい罠猟師に拾われ、育てられます。それでも彼は学業優秀で、やがて友人のレオン(貴族・ロスノフスキ男爵の子、実は腹違いの兄弟)の学友として彼の城で教育を受けます。
一方、アメリカに生まれた方のウィリアムは、大銀行家の御曹司、すなわち生まれながらのエリートでありました。

やがて、第一次世界大戦とポーランド・ソ連戦争が勃発し、ブワデグは最愛のロスノフスキ男爵、レオン、その姉フロレンティナを失ってしまいます。彼自身もソ連の強制収容所送りになりますが、何とか脱走。アメリカに逃れ、その後、ホテルチェーン経営者の信頼を得て、彼の下で頭角を現していきます。
その頃、ウィリアム・ケインの方も、タイタニック号事故で父親を失うなど不幸に見舞われますが、持ち前の能力により、アメリカでも有数の銀行の頭取にのし上がります。
ホテル界の雄と金融界の大エリート。
このふたりの出会いと壮絶な戦い、そしてお互いの子供たちを巻き込んだ渦のような人間絵巻が、アーチャーの見事な筆致によって描かれていきます。

80年代当時、この作品はものすごいヒットとなって、テレビドラマ化までされました。それがまた面白くて、テレビにかじりついたのを思い出します。

その頃のワクワクを思い出して、久しぶりに読み返そうと思ったところです。

その前にブログにしたためてみました。

怪盗ルパンシリーズ 「三十棺桶島」

三十棺桶島

この本の作者 モーリス・ルブラン

南 洋一郎(訳)

この本の成立年 1919年 発表
この本の巻数 1巻
入手のしやすさ ★★★★☆
未成年推奨 ★★★★☆
総合感銘度 ★★★★☆

血沸き肉躍る 南版 ルパンの大冒険

怪盗紳士、アルセーヌ・ルパンと言えば、日本でも大変人気が高いダーク・ヒーローです。

石川五右衛門やら鼠小僧治郎吉やら梁山泊の108の好漢やら、日本人はとかく義賊を好む傾向がありますが、このフランスの大泥棒は特に好かれているような気がします。

日本人が愛しているルパンは、ひょっとしたらモンキーパンチさん原作のアニメ「ルパン三世」の主人公かもしれませんし、または児童書に登場する正義感に満ちた怪盗紳士アルセーヌ・ルパンかもしれません。

ところが、原作のルパンは結構コワモテ・キャラで、時と場合によっては相手を痛めつけることも厭わない、アウトローそのものといった印象です。あと美女が大好き。恋愛についてもかなりやり手な人物です(笑)。

ですから、もし原作を子供さんに読ませるとしたら、ちょっとキツイかもしれませんね。また文章が大人向けのため、子供さんらがやや難しく感じることもあり得ます。

しかし、この面白さを若いうちに知らずにいるのはあまりに勿体ないでしょう。

となれば、昔の学校の図書室には必ずあった(今も?)「怪盗ルパン全集」に手を伸ばすしかありません。実は私も、このシリーズからルパンの世界に入りました(泥棒になったという意味ではないですよ笑)。当時、図書室から借りて、家で夜遅くまで読んでいたことを思い出します。それくらい面白かったんです。

嬉しいことに、21世紀に入ってポプラ社さんが当時の装丁のまんま、このルパン・シリーズを全冊復刻してくれました。

ポプラ社さんは、ほかに江戸川乱歩の「少年探偵団シリーズ」も復刻してくれまして、かつて図書室に入り浸っていた者としては感謝の言葉しかありません。

このルパン・シリーズと乱歩シリーズは、ともに子供向けを謳っているのですが、表紙の絵とかめちゃくちゃ怖いです。

また、作中で使われている言葉や設定なども、現代なら大人向けであっても問題作扱いされるような(差別表現バリバリ)シロモノです。昭和って、結構こういうものに寛容で、また過激さを求めるような時代だったんだなあ、と思います。

で、ルパンの方なんですが、原作の忠実な訳ではなく、翻訳者の南洋一郎さんの脚色がかなり入っています。大人な展開は大幅に変更され(恋愛シーンなど)、ルパンはより英雄チックに描かれています。それでいて、ところどころ少年少女にはどぎついような表現も厭いませんから、そこが破天荒な魅力につながっているような気がします。

どれも無類の面白さで、出来れば全作品紹介したいのですが、今回はその中から「三十棺桶島」をとりあげます。

この作品、あまりルパンは登場しません(笑)。

そして、「八つ墓村」を想起させるような、全編を通してとてつもない不気味さに満ちています。

あらすじは、不幸な結婚から立ち直りつつあったヒロイン、ベロニク・デルジュモンが、偶然目にした「サイン」をきっかけに、死んだと思われた実父と我が子を追い求め、「三十棺桶島」に渡る、というもの。そこで彼女を待ち受けていたものとは…!?という感じでストーリーは進んでいきます。

それにしても、閉鎖的で陰湿な村、不気味な予言、怪しい僧侶、地下牢、大量殺人、といったホラー調ミステリのあらゆる材料がこれでもかと出てきます。

ですから、先へ進めば進むほど、恐怖感は高まります。ただ好奇心をくすぐられるので、先を読まずにはいられない。こういうところ、ルブランも南さんもすごく巧いです。

なお、最後の一番美味しいところでルパンがびっくりするような登場の仕方をします。そして明かされる謎の石の正体。

種明かしはしませんが、ルブランがいかに時代のニュースに敏感であったか、感心させられるラストです。

この作品の面白さに久しぶりに痺れた私は、シリーズ全巻を集めてしまいました。家族は呆れています。

でも、それくらい面白いこと請け合いなんです。ぜひご一読を。

なお、大人向け、すなわち原作もご紹介しておきます。南版を読んだ後、比較でこちらも読むのも一興でしょう。