司馬遼太郎記念館(大阪府東大阪市)をゆく(1)

「竜馬」と「坂の上」の原稿、見つかる

歴史小説好きな方ならどなたでも、司馬遼太郎の名前はご存知ですよね。

私が小学校の頃の80年代には、先生はまだ現役バリバリで、産経新聞に「風塵抄」というタイトルのコラムを連載しておられました。なので、私を含め、いまの40代(2017年現在)にとっては、司馬遼太郎はとってもリアルな存在です。

最近の若い人にとっても、司馬先生の歴史小説は大変人気があり、その証左としてほとんどの作品が今も書店に現役で並んでいます。

代表作の一つ「関ヶ原」も、2017年に岡田准一主演で映画化され、大変な話題となっています。また、これまで大河ドラマ化された作品を挙げても、

「竜馬がゆく」(1968)

「国盗り物語」(1973)

「花神」(1977)

「翔ぶが如く」(1990)

「徳川慶喜」(1996)

「功名が辻」(2006)

と、2017年現在で6作品もあり、さらに司馬先生の代表作「坂の上の雲」も2009年から2011年の足かけ3年にわたってNHKでドラマ化され、本木雅弘さん、阿部寛さん、香川照之さんのハマりまくった演技が話題になったのも記憶に新しいところです。

司馬先生の作品の凄いところは、歴史の瞬間瞬間を客観的に淡々と語っていくその筆致にあります。これは当たり前のようで、歴史小説というジャンルにおいては難しく、ひと世代前の吉川英治の作風とはかなり違います。吉川小説では情景描写に詩があり、人物の内面も純文学のように掘り下げられます。しかし、司馬先生は飄々と論評を加えたり脱線しながら、あくまで起きた事象を念入りに彫琢していくだけです。

これは、司馬さんが築き上げた唯一無二のスタイルと言えます。司馬遼太郎というペンネームが意味するとおり(本名は福田定一さんです。この名前には、司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者という意味が込められています)、先生の作品にはまるで「史記」の列伝を彷彿とさせるような、歴史の証言者たる客観性と、読み物としての比類なき面白さが両立しています。

著作権の問題もありますので引用は避けますが、例えば「竜馬がゆく」での竜馬の絶命のシーンなど、本来ならもっとドラマティックに、無念やら諦念やらいろいろな感情の交錯が織り交ぜられて書かれるところでしょうが、司馬さんが描くクライマックスは実に淡白です。文庫本で8巻という大長編の締め括りであるにもかかわらずです。それどころか、章のはじめに司馬先生がわざわざ、竜馬の最期は淡泊に書きますよ、と断りを入れているくらいなので、びっくりしてしまいます。

ただそう言いながらも、刺客が乱入してくる生々しい描写や臨場感、斬られる痛みなどはひしひしと伝わってきますから、やはり先生の筆力はすごかったと言わざるを得ません。

そうした小説としての独自性、面白さが今も幅広い層に支持されている理由かと思われます。

ところで、私はいま「竜馬がゆく」について書きましたが、その生原稿というのは、長らくこの世に存在しないと言われていました。

「そんな馬鹿な!」と仰る方もいるでしょう。しかし、この「竜馬がゆく」というのは、昭和30年代に新聞で連載された作品です。そこにこの話のミソがあります。

今日でこそWordや一太郎があり、メールがあり、全国各地に新聞ネットワークや印刷所が広がっていますが、当時はそこまでの技術的広がりはありません。東京にドーンと大きな新聞社があって、そこに作家の自宅から原稿が届き、校正・編集・ゲラ刷りから印刷に至るまで全て社内で行われる、そんな時代でした。

そして作家は原稿用紙に手書き。短い時間の間、ギリギリまで何度もペンで校正を入れていきます。それでも、隣にじっと張り付いた編集者があーだこーだ直してきますから、時には喧嘩も辞さない殺伐とした空気になったようです。

そうやって苦労して出来上がった原稿は、青やら赤やら修正が乱れ飛び、容易に読めるものではなくなります。さらに原稿は運ばれた先の社内で何度も校正を受け、手荒く次の現場へ投げ込まれ、最後は裁断される場合もあるそうで、まあ簡単に言うと原型をとどめなくなってしまいます。ですから最悪、活字化されたあとは行方不明になることも珍しくなかったとのこと。

これが、「竜馬がゆく」の原稿が実在しないという説の根拠です。実際、連載後半世紀経っても、原稿は世に出てきませんでした。

それが今回、出てきたのです。関係者は驚天動地。新聞でも大いに話題になりました。

出てきたのは、上で書いた「竜馬がゆく」のクライマックス部分だけでなく、「坂の上の雲」の有名な書き出し、「まことに小さな国が開化期を迎えようとしている」で始まる章まで発見されたのです! 何と言うことでしょう!

しかも今回、東大阪市にある司馬遼太郎記念館にそれら原稿が展示されるとのこと。発見を記念して館長さんによる記念講演も行われるようです。これは行かねばなりますまい(笑)。

私はいつものようにネットで大阪行きの旅券をリサーチするのでした(笑)。

司馬遼太郎記念館 ホームページより

文京区立森鴎外記念館(東京台文京区)訪問記(3)

☆文京区立森鴎外記念館(東京台文京区)訪問記(1)
★文京区立森鴎外記念館(東京台文京区)訪問記(2)

昭和まで記憶に刻まれた「森のおじいさん」

千駄木駅を降りて団子坂。その先にある文京区立森鴎外記念館。

残念ながら、内部は完全撮影禁止なので、お見せできないのが大変残念ですが、広い館内をいっぱい使って、鴎外の生涯を非常に丁寧に解説しています。

 

幼少~青年期の鴎外

記念館は、まず幼少~青年期の鴎外、そう、彼が生まれた島根県津和野町時代→第一大学区医学校(現・東京大学医学部)までを振り返る史料から始まります。

幼い頃から英才教育を施され、類まれな俊英として認められていた鴎外が20歳を前に、私生活上のトラブルや、実質飛び級というハンディのため、研究者と海外留学という大きな目標を前に挫折したこと。逆にそれが契機となり、彼が陸軍医としての人生を歩み始めたこと。このあたりは、「人生」の面白さを感じさせますね。

そして、鴎外という人は大変周囲の人に恵まれていたのだなあ、と思います。挫折してぶらぶらしていた鴎外の陸軍省入りを友人たちが手引きしてくれたり、はたまた念願のドイツ留学が叶って、まだ明治と西洋との接点も薄い時期に、現地の人々から温かく歓迎されたり。鴎外のものすごい才能と社交性があってのものでしょうが、こうした「縁」の力は大きいと思います。

このゾーンの展示は、ウイキペディアなどからは辿れない若き鴎外の苦悩や、そんな彼を支える周囲の存在がクローズアップされていて、とても面白かったです。

 

文豪鴎外の誕生、そして晩年へ

青年期のゾーンをL字に曲がると、そこからは鴎外が成功への階段を駆け上がった時期の資料が展示してあります。

鴎外は帰国して軍医としてのキャリアを高めると同時に、当代随一の文学者としての道を歩み始めます。鴎外はこの頃から様々な芸術作品や自然科学に触れ、一個人として並々ならぬ教養を蓄えていきます。彼の優れた小説の底流には、こうした文化的素養の深さが作用しているのかもしれません。

最初の結婚と長男の誕生、短期間での離婚。その後だいぶ経って若い奥さんと再婚するなど、プライヴェートではずいぶん慌ただしい時期を過ごします。でも、色欲に溺れるような性質とはまるで正反対であったようで、彼は子供たちを心から愛し、厳格だが愛情に満ちた父親として家庭内ではたいへん尊敬されます。

それにしても、展示資料を見ていると、鴎外は生涯にたくさんの書簡を遺したことが分かります。まあ現代の我々だって、メールやらLINEやらインスタグラムなどを使って、数えきれないやりとりをしているので、書くこと大好き、交友関係いっぱいの鴎外がこれだけ多くの書簡を遺していたって不思議ではないのですが、まあ大変な分量です。

そして展示ゾーンの最後、「あっ、これが文豪・森鴎外の御顔なのか」と思わず熱いものがこみ上げてくるような、鴎外のデスマスクが目の前に現れます。

良き家庭人となり、陸軍医を立派に勤め上げ、余暇は存分に自分の書きたい「文学作品」の創作に打ち込み、周囲の畏敬を集めた鴎外。迎えた最晩年、1862年の出来事がそこに詳細に綴られていました。

鴎外は亡くなる直前、眼の中に入れても痛くない娘の茉莉をヨーロッパ旅行に送り出します。茉莉さん(1903年-1987年)は、まさかこれが父との今生の別れになるとは思ってもみなかったようで、父親への愛情が深かった彼女は生涯、この時の呆気ない別れを悔やんでいたことが作品から窺えます。

娘を見送った鴎外、ふっと肩の荷が下りたようになり、持病であった腎臓の不調が悪化します。そして、そのまま死の床に着きました。彼は生涯を通しての親友・賀古鶴所に遺言の筆を執らせます。

 

森鷗外の遺言

余ハ少年ノ時ヨリ老死ニ至ルマデ
一切秘密無ク交際シタル友ハ
賀古鶴所君ナリ コヽニ死ニ
臨ンテ賀古君ノ一筆ヲ煩ハス
死ハ一切ヲ打チ切ル重大事
件ナリ 奈何ナル官憲威力ト
雖 此ニ反抗スル事ヲ得スト信ス
余ハ石見人 森 林太郎トシテ
死セント欲ス 宮内省陸軍皆
縁故アレドモ 生死別ルヽ瞬間
アラユル外形的取扱ヒヲ辭ス
森 林太郎トシテ死セントス
墓ハ 森 林太郎墓ノ外一
字モホル可ラス 書ハ中村不折ニ
依託シ宮内省陸軍ノ榮典
ハ絶對ニ取リヤメヲ請フ 手續ハ
ソレゾレアルベシ コレ唯一ノ友人ニ云
ヒ殘スモノニシテ何人ノ容喙ヲモ許
サス  大正十一年七月六日
森 林太郎 言(拇印)
賀古 鶴所 書

森 林太郎
男     於莵

友人
総代   賀古鶴所
以上

森鴎外、死去。60歳の短くもやるべきことをやり尽くした生涯でした。

 

森のおじいさん

全ての展示を見終わって出口の方へ進むと、休憩スペースを兼ねた視聴覚室が見えました。

こんなことを言うのもなんですが、いつもならこのようなお部屋はスルーしてしまうのですが、ちょっと見学に疲れていた私は、椅子を求めて部屋の中に入り、ビデオに目を遣りました。

映像は、文京区の会報を作っているというご婦人に対してのインタビューでした。彼女は結構長い間、会報誌の編集に携わっていたという人で、駆け出しの時期は昭和にまで遡ることを匂わせていました。

昭和というと、鴎外のご子息も存命だったくらいですから、当時の文京区内には鴎外を見たことがあるという老人が、それこそゴロゴロいたそうです。鴎外は千駄木のお屋敷に住む「森のおじいさん」として、近所の人たちから親しまれていたらしく、そのことが時を経て彼女の口から我々に伝えられるのは、実に感慨深い気がしました。

今となっては鴎外の姿は写真でしか拝めませんが、この文豪の思想、格調高い言葉遣いはこの先何年経とうとも、その作品を通して、受け取ることができるのです。

森鴎外60年の生涯を刻んだ鴎外記念館、ぜひお越しください。

http://moriogai-kinenkan.jp/